Column:Dog Scan Therapy | 2018.11.01

ドッグスキャンでわかる 抜け毛の原因 その③ ある柴犬に起こったこと。

Dog Scan Therapy ドッグスキャンセラピー
Perro Bonito ペッロボニートです。



昨日お会いした柴犬7歳と9歳のオーナーさんのお話です。



室内犬として2匹の柴犬ちゃんを飼っているのですが

1年中抜け毛が酷くて、困っているとのこと。



獣医さんに行って、お薬を貰ったり

マイグロバブルバスに定期的に通っているそうです。



でも、お腹と脇の下の毛が中々生えてこなくて

最近、眼の周りも毛が少なくなってきている。



とっても心配されていました。



ドッグスキャンセラピーでは、体毛の覆われた皮膚という項目があります。


皮膚の弱いワンちゃんには、そこの部分から調べられることがあります。



普段の生活の中で、負荷が掛かっているものを周波数の検知から調べてくれます。



例えば、


毎日使っている食器

リードやハーネスに使われている素材(金具)など




もちろん、犬のグッズは健康に問題が無い安心とされているものが使用されています。



でも、個体差によっては、合わないものもあるのです。





柴犬ちゃんの場合、ハフニウムという金属が負担が掛かっていると出てきました。


普段使っている食器が金属のものだそうです。



その素材がハフニウムが含まれているものかは、分りませんが


食器を変えて様子を見ようということになりました。




人間でも、自分が毎日生活している中で

何が身体に負荷が掛かっているか分かりにくいものです。



ワンちゃんでもアトピーに似た症状がでたり


アレルギーから抜け毛がひどくなってしまう子もいます。



ワンちゃんの皮膚は、とってもデリケートです。



飼い主として出来ることは、



個々のワンちゃんのことをもっと知ってあげること。





あと、最近の傾向としては


1年中ずっと毛が生え変わってしまう子も多いそうです。



原因は、ずっとお家の中にいて


クーラーや暖房の中で生活しているから


季節の変わり目が分らなくなているワンちゃんも多いとのこと。




毎日お散歩に行って、外の空気に触れさせれあげることも


とても大事なことです。



大切な家族のワンちゃんだからこそ


犬本来の野生の部分を大事にしてあげることも、気を付けてあげたいことです。






ドッグスキャンセラピーは

飼い主さんと愛するワンちゃんとの幸せでかけがえの無い時間が

1日でも長く楽しく続いて欲しい!


愛犬家の方を応援します!



質問、お問い合わせがある方は、LINE@でお友達申請してください!

“Dog Scan Therapy”のLINE@はじめました!
お得な情報をお届けしますので、下記のリンクから友だち追加してみてください。

https://line.me/R/ti/p/%40dogscantherapy




ドッグスキャン セラピーのご予約・お問い合わせを受け付けております。
ご質問などありましたら、お気軽にお問い合わせください。