Column:Dog Scan Therapy 体験記 | 2018.11.12

ドッグスキャンセラピー体験 トイプードル6歳 豆涼ちゃんの場合

Dog scan therapy ドッグスキャン セラピー 
Perro Bonito ペッロボニートです。


今回紹介するのは、トイプードル 5歳 女の子 豆涼ちゃんです。


とっても小さくて、お尻にハートのカットがキュートな女の子。


でも、彼女は保護犬で、最初は人になかなか懐かず、

里親がしばらく見つからなかったところを、今のママさんが引き取ったとのこと。


2Kgちょうどくらいの本当に小さな子で、引き取った時には2歳を過ぎていたそうです、


彼女の場合、ブリーダーさんの繁殖犬として育てられていたようで

保護犬に出された時には、ずっとゲージの中で育てられていたのか

人にも犬にも警戒して、寄ってこなかったそうです。


優しいママさんのところに来て、少しづつ人に慣れ、犬とも遊べるようになって来たとのこと。


今回、ドッグスキャンセラピーを体験されるにきっかけとしては

「水頭症」という脳の持病が見つかって心配されているとのこと。



※「水頭症」とは、水頭症は頭蓋骨の内側、とくに「脳室」と呼ばれる場所に
「脳脊髄液」という液体が過剰に溜まることによって、脳が圧迫されて障害が起こる病気です。


水頭症の原因のほとんどは遺伝的なもので、生まれつきの異常(先天性)です。
症状がはっきりと現れるようになるのは2〜3ヵ月齢以降で、1歳になる頃までに診断されることが多いです。
チワワ、トイプードル、マルチーズ、ポメラニアン、ヨークシャーテリアなどがかかりやすいと言われています。


症状としては
□ 常にぼーっとしている(沈うつ)
□ なでたり、抱っこをしようとするとパニックになる
□ けいれん発作がある
□ くるくると回る(旋回運動)
□ 物によくぶつかるなど、眼が見えづらい様子がある(視覚障害)

(参考文献 ワンペディア)



豆涼ちゃんの症状としては、けいれん発作が良く起こるとのこと。



ママさんも、豆涼ちゃんをなるべく興奮させないように

激しい運動をさせないようにしたりと

身体に負荷を掛けないように気をつけられているとのことでした。




豆涼ちゃんをスキャンしてみると

脳の小脳膜と血管、気管支の部分に滞りが多く見られました。



その部分を重点的にセラピーをしていくと

豆涼ちゃんは気持ち良さそうに眠ってくれて

ママさんも安心して下さいました。




アレルギーチェックなどもしましたが、

豆涼ちゃんは特に心配されるものは無く、喜んで頂きました。








ドッグスキャン セラピーは



病気がそれ以上悪くならなように、自然治癒力を高めるためのものです。



身体の状態を整えて、病気になりにくい身体にしていくことを目的としています。



愛犬の健康を守るためのエステのような新習慣として、


そして、飼い主さんが愛犬のことをもっと理解出来る機会として


出来る限りお手伝い出来ればと思っています。




あなたにとって、愛してやまない愛犬とのかけがえの無い時間が


楽しく幸せで安心出来る時間になりますように!



ドッグスキャンセラピー


ペッロボニートは、愛犬家の方を応援します!



質問、お問い合わせがある方は、LINE@でお友達申請してくださいね!


気軽にメッセージを頂ければ、個別にお返事させて頂きます♡


“Dog Scan Therapy”のLINE@はじめました!
お得な情報をお届けしますので、下記のリンクから友だち追加してください。




友だち追加












 




ドッグスキャン セラピーのご予約・お問い合わせを受け付けております。
ご質問などありましたら、お気軽にお問い合わせください。