Column:Dog Scan TherapyDog Scan Therapy 体験記愛犬ライフ | 2018.11.29

ドッグスキャンセラピー体験 チワックス 8歳の男の子 ピース君

Dog Scan therapy ドッグスキャンセラピー
Perro Bonito ペッロボニート です。



チワックスの男の子 8歳のピース君が


ドッグスキャンセラピーをしてくれました😁



とっても元気な男の子ですが、

最近、心臓の音が気になると獣医さんから言われて

心配されて来店されました。


チワックスにしては、ちょっと大きめな男の子で、食欲も旺盛で

走り回って、とっても元気^^



ちょっと落ち着いてから、セラピーを始めると

ぐっすり気持ち良さそうに寝始めて、ママさんもビックリ!



そして、心臓と口臭が気になるとのことで


その部分をしっかりスキャン&セラピーをしました😁


そして、他のところを見てみると


お腹と眼に滞りがあったので、そこも気をつけてあげたいですね。



アレルギーチェックは、

・コーヒーの匂い
・ポリエステル
・カドミウム
・レポマイセチン

この4つが出てきました。


ママさんは、コーヒーが好きなので少しコーヒーを控えるようにするということに^^


ピース君のマットは、ポリエステルなのでバスタオルに変更。



レポマイセチンは、ワンちゃん自身が服用しているお薬、または過去に服用していたお薬
または、飼い主さんが服薬していたり、手に塗り薬が残っている。なども影響が出たりします。



カドミウムは、金属に含まれているものだけど、
含まれる食品を見てみると、貝類、イカ、タコ、海老、蟹などにも含まれるとあって
ワンちゃんの食べてはいけない食品と一緒。



なるほど!と納得。



セラピーでは、今まで全く気にしてなかったけれど

気をつけてあげることで、ピース君にとっても良いことが分かって

ママさんも喜んでくれました^^







ドッグスキャン セラピーは医療行為ではありません。



でも、最近は獣医さんでも、健康維持や治療の効果を良くする



「未病予防」という病気にならないための予防が

世の中に広まってほしいと思っています。



そして、飼い主さんが大事な愛犬のことを理解するための

新しい気付きになることが多いと思います。





愛犬自身の自然治癒力を高めて、病気になりにくい身体を造る

その目的で開発されたものです。




ドッグスキャンセラピーは

飼い主さんと愛するワンちゃんとの幸せでかけがえの無い時間が

1日でも長く楽しく続いて欲しい!


愛犬家の方を応援します!



質問、お問い合わせがある方は、LINE@でお友達申請してください!


“Dog Scan Therapy”のLINE@はじめました!
お得な情報をお届けしますので、下記のリンクから友だち追加してみてください。





お友達申請して頂いた方には、お得なキャンペーンのお知らせがあります!

是非、登録して下さいね♡




友だち追加








ドッグスキャン セラピーのご予約・お問い合わせを受け付けております。
ご質問などありましたら、お気軽にお問い合わせください。