Column:Dog Scan Therapy愛犬ライフ | 2018.12.17

心臓や循環器系は冬に掛かりやすい病気です

ドッグスキャンセラピー ペッロボニートです。



最後まで読んでくれた方には、素敵なプレゼントがあります^^




冬って、寒くて病気になりやすい季節です。



でも、どんなことに気をつけてあげれば良いのか?


どんなに気をつけてあげても、中々分かりにくいこともありますよね。




今日は、心臓や循環器系の病気の場合


どんなことに気をつけてあげれば良いのでしょう?





お友達のチダックスの男の子 ピース君の場合


とっても元気に走り回っているし、


食欲もとっても旺盛な元気な男の子です。



こんなハンサム君です^^



でも獣医さんに行ったら、心臓に雑音があると言われてしまったそうです。




特に小型犬で年齢を重ねている子は要注意!



日常の生活で気にしてあげたいことは


■急に咳が出始める

特に小型犬が高齢になって急に咳が出るようになったら、要注意です。
冬は呼吸器が冷たい空気によって刺激され、急に冷え込んだ時などに咳が出やすくなります。
病気発見の機会だと思って、愛犬の様子に充分注意してみましょう。



■体重の増減

心臓循環器の病気が悪化してくると体重が減少してきます。
8kgあった犬が1カ月で7kgになったなど、短期間で1割以上減ったなど、
特に思い当たる理由もないのに犬が痩せてきたなどの場合は、心臓疾患を疑ってみたほうが良いそうです。
被毛の長い犬は特に体重の増減が外見からではわかりにくいので、こまめに体重を計ることが大切です。

(参考文献:日本ペエッツクループHPより引用)



よく考えてみたら、最近良くお咳をしていたそうです。



ちょっとしたことでも、愛犬の変化を見てあげることが大事ですね!






ドッグスキャンセラピーでは、


健康状態の他に、感情やアレルギーもチェック出来ます。


今の状態を知ってあげることで、病気にならないように気をつけてあげる


飼い主さんの新しい気付きになるものです。


大切な愛犬のことを健康でいられるように守ってあげたいですね。






ドッグスキャン セラピーは医療行為ではありません。



でも、最近は獣医さんでも、健康維持や治療の効果を良くする



「未病予防」という病気にならないための予防が

世の中に広まってほしいと思っています。



そして、飼い主さんが大事な愛犬のことを理解するための

新しい気付きになることが多いと思います。





愛犬自身の自然治癒力を高めて、病気になりにくい身体を造る

その目的で開発されたものです。




ドッグスキャンセラピーは

飼い主さんと愛するワンちゃんとの幸せでかけがえの無い時間が

1日でも長く楽しく続いて欲しい!


愛犬家の方を応援します!



質問、お問い合わせがある方は、LINE@でお友達申請してください!


“Dog Scan Therapy”のLINE@はじめました!
お得な情報をお届けしますので、下記のリンクから友だち追加してみてください。





Line@でお友達登録してからメッセージをくれた方には


もれなくお得なお試しチケット 

通常料金1万円→お試しチケット¥1000 プレゼント! 




を差し上げます!


この機会をお見逃し無く♡


ドッグスキャン セラピーのご予約・お問い合わせを受け付けております。
ご質問などありましたら、お気軽にお問い合わせください。