Column:Dog Scan Therapy愛犬ライフ | 2019.02.28

東京 代々木公園 犬の健康セラピーサロン 犬の介護、アンチエイジングで出来ることは?

こんにちは ドッグスキャンセラピー


ペッロボニートです。



愛犬のアンチエイジングって、考えたことがありますか?


健康寿命と寿命って、どう違いがあるかご存知ですか?



健康寿命とは、お散歩やご飯を食べられたり普通の生活が出来ること。



寿命とは、寝たきりになったり、介護が必要でも生きていること。




最近は、犬の寿命も延びたと言われていますが、



出来れば、健康寿命で最後まで一緒に居たいですよね。




どんなに可愛くても、どうしても来てしまう老い



愛犬の介護について、今日はお話ししたいと思います。




お友達登録してくれた方には、お得な情報をお送りします♡
友だち追加






先日、セラピーに来てくれた16歳のプリンちゃんは、お目目は白内障と緑内障を併発



最近では、ご飯もあんまり食べてくれなくなってしまって



ママさんは少しでもプリンちゃんが気持ちがよくなるようにとセラピーに連れてきてくれました。







セラピー中は、気持ちよく寝てくれて



翌日は、沢山うんちをして、食欲も出てきたみたいで、



いつもよりご飯を沢山食べてくれたと、ママさんから嬉しい報告がありました^^





ドッグスキャンセラピーは、


犬の未病予防(病気にならないための予防)


自然治癒力を高めて、愛犬自身が病気になりにくい身体にしていく。


今病気のものをそれ以上悪くしないため


アンチエイジングとして、老化を遅くするために開発された機械です。



長く一緒に暮らしてきた大切な愛犬は、いつか歳を取ってしまいます。



今は元気でも、この先寝たきりになってしまったら・・・と不安を抱える飼い主さんも多いのではないでしょうか?



私自身、今一緒にいるアンジーは、まだ7歳で元気ですが


その前に一緒にいた子は、ヨークシャテリアの女の子で18歳まで生きてくれました、


その子は、目が見えなくなり、声もあまり聞こえなくなって


トイレをミスするようにはなりましたが、最後までご飯を食べてくれて


一生懸命歩いてトイレにいこうとしてくれる頑張り屋さんの女の子でした。




その経験も考えると、、介護は誰にでも来るものです。



大切なパートナーで幸せを沢山くれた愛犬に出来る限りのことはしてあげたいし、



心構えと準備をしておきたいですよね。



前置きがとっても長くなりましたが、今日は愛犬の介護についてお話ししたいと思います。




介護が必要とは、どういうことかというと

・目が見えなくなる
・後ろ足が弱る
・トイレの失敗が増える
・ご飯が食べづらい
・夜中に鳴く

などの症状が出てきます。


■目が見えなくなること
少しづつ見えなくなる場合は、他の感覚(聴覚・嗅覚)で補うことが出来るのでそこまで不都合は無いようですが
ものにぶつかったり
明るさの差が激しいところを怖がったり
寂しそうな声を出したり
色んな変化が出てきます。そんな時は通り道にものを置かないことや家具にクッション材を貼るなど工夫して上げましょう。
これまで以上に声を掛けてあげることも、とっても大事です。


■後ろ足が弱る
多くの老犬は後ろ足から弱ってきます。立ち上がるのに時間がかかったり、震えたり、踏ん張れなくなったりするので
お散歩の時には、出来るだけ自分で歩けるようにサポーとしてあげることが大切です。


介護用ハーネス

車椅子

犬用カート

犬の介護用品は沢山出ているので、その子に合ったものを選んであげたいですね。



■トイレの失敗が増える
視力が落ちて、トイレの場所が分からなくなったり、身体が弱ったことで寝ている間にお漏らししてしまったり
トイレの場所を広げてあげたり、放水シートや犬用のおむつをつけた上げたり
愛犬にも飼い主さんにとストレスが掛からないように見直してあげることが大切です。



■ご飯が食べづらい
老犬になってくると、ご飯を食べるために下を向くのも負担が掛かってきます。
なるべく負担を少なくするために、高さのあるご飯台を揃えて上げましょう。


犬用食器台

そして、ご飯を自分で食べられなくなったら、ご飯をペーストしてあげたり、とろみをつけてスープ状にしてあげましょう

ソフトスプーン

シリンジ


■夜中に鳴く
ハイシニアになると、夜中に突然鳴き出すことがあります。老犬の夜鳴きは認知症が進行している代表的な症状ですが
認知症かどうかの判断は難しいので、かかりつけの獣医師に診てもらうことが必要です、
夜鳴きの対策としては、昼間に明るい日差しを浴びさせたり、出来るだけ起こして睡眠サイクルを整えることや
飼い主さんの気配のする場所で寝かせることも、効果がある場合もあります。
酷い場合には、獣医師さんに相談して睡眠薬を飲ませてあげることも必要かもしれません。



そして、歩くことが出来なくなり、寝たきりになった時に気をつけてあげたいのは「床ずれ」



■床ずれについて
床ずれは寝たきりの状態で寝床と接触局部が長時間圧迫されることで、血行循環が不全となって
壊死がおきたり、組織が損傷したりする、皮膚が露出してしまったりして
痛みなどの苦痛は、食欲や全身の状態とても悪影響を起こします。
発生初期は、表面から目で確認することは難しいので、こまめに寝返りをさせたり、ムートンや低反発のマットなど
体圧が明産で着る寝床を用意してあげることが予防に役立ちます。


床ずれになりやすい場所

クッションなどで圧迫を軽減させてあげたり、皮膚の状態を注意して見てあげましょう。





可愛くて幸せをたくさんくれる愛犬。


長く一緒にいて、歳を取った時にどんなことをしてあげたら良いのか?


大切なパートナーの愛犬と1日でも長く幸せに過ごしたいですよね。





ドッグスキャンセラピーは、アンチエイジングにとっても効果があります。


大切な愛犬を病気や老いから守ってあげませんか?




ドックスキャンセラピーは、飼い主さんが大切な愛犬のことをもっと良く理解するための


新しい気付きが得られるものです。




ドッグスキャンセラピーって、気にはなっているけれど


良く分からないからどうしようかな・・・




そう思っていらっしゃるあなたに




お得なキャンペーンをさせて頂きます!



この機会に是非1度体験してみませんか?




キャンペーンのお申し込みは、LINE@からしていただけます










友だち追加








Line@でお友達登録してからメッセージをくれた方には


もれなくお得なお試しチケット 

通常料金1万円→お試しチケット¥1000 プレゼント! 






この機会をお見逃し無く♡


ドッグスキャン セラピーのご予約・お問い合わせを受け付けております。
ご質問などありましたら、お気軽にお問い合わせください。