Column:Dog Scan Therapy | 2018.10.13

人間でも分りにくいアレルギーの原因 ドッグスキャン セラピー

こんにちは

Dog Scan Therapy ドッグスキャン セラピー
perro Bonito ペッロボニートです。

人間でもアレルギー体質の人がいるように

ワンちゃんでもアレルギー体質の子がいます。


そして、アレルギー症状が無いからといって

身体に負担が掛かっていないと言い切れるのでしょうか?



実は、私個人(人間)の話なのですが

この4〜5年間、ずっと原因不明のリンパは腫れることで悩んでいました。

症状は、疲れた時に起きやすく、場所は決まってフェイスラインの辺り。

腫れる前には、何となく痛痒くざわざわする感覚。

気になってマッサージを始めると、パンパンに腫れてしまう。



最初は、そんなに気にしてなかったのですが

その腫れが慢性的に感じられるようになって

顔が浮腫んでいるように、腫れぼったい。

他人からも指摘されるようになり、心配になって病院に行きました。



最初は内科に行き、血液検査をしても異常なし

次に耳鼻咽喉科、舌下のCTスキャンを撮っても異常なし

最後は大学病院の口腔外科でCTスキャン(造影剤)、血液検査までして異常なし

最後の最後で、皮膚科でアレルギー検査。

そこで分ったことは、金属アレルギー、それもニッケルに強い反応が。。。



そこから気をつけてみると

奥歯の歯の治療後に銀歯を被せていたり(ニッケルは含まれてないと言われたのですが。。。)

ニッケルの含まれる食品や、ステンレス製の水筒に入ったお水などを飲むと

反応が出やすいということが分ったんです。




自分の体調不良の原因を突き止めるまでに6年近い時間を費やしました。

そして、原因は100%分った訳ではなくて、

「こんな時に起こりやすいから気をつけよう」と言うもの。



人間でも、身体の不調の原因、ましてアレルギーなどは分かりにくんです。



では、言葉の話せないワンちゃんの場合はどうでしょうか?

例えば、
・皮膚がカサカサになる
・毛が抜けてしまった
・いつも身体をかゆがっている
・下痢をすることが多い
・涙やけが酷くて、目やにが多い


こんな症状が出ているのであれば、どこか悪いのかな?


そう気にしてあげることも出来ます。



でも、多くの場合は、身体に負担が掛かっていることを

気がついてあげることは難しい場合が多いんです。


これは、うちの愛犬の話ですが

ドッグスキャン セラピーで調べてみると

・コーヒーの匂い
・ポリエステル
・カドミウム(金属)


これが、身体に負担が掛かっていると出てきました。


ワンちゃんは、人間よりも嗅覚が敏感です。

だから、コーヒーの匂いなども負担に掛かっている子は多いのです。



私が改善したことは、

・コーヒーを飲む時には、出来れば外出時に
・洋服やベッドの素材は綿に
・ごはんの食器は、陶器に


他のワンちゃんの例では

食品で負担が掛かっていると出てきたワンちゃんや
電磁波と出てきたワンちゃんもいます。



電磁波と出たワンちゃんは、

お食事とお水の場所がソケットの近くだったそうです。
(すぐにご飯をあげる場所を変えたそうです。)



ドッグスキャン セラピーでは、ワンちゃんの周波数の検知から

その子に対して負担が掛かりやすいものを教えてくれます。




今、症状に現れていなくても

負担が掛かっていることが分り、

少しでも取り除いて上げることが出来たら


歳を重ねた時に、大きな違いがあると思います。



Dog Scan Therapy ドッグスキャン セラピーは、
愛犬の健康を守るための飼い主さんの新しい気付きになればと思っています。


大切な家族の愛犬が、1日でも長く健康で幸せに暮らせるように

ドッグスキャン セラピーは、応援します!













ドッグスキャン セラピーのご予約・お問い合わせを受け付けております。
ご質問などありましたら、お気軽にお問い合わせください。