Column:Dog Scan Therapy | 2018.10.28

ドッグスキャンでわかる 抜け毛の原因 その②

Dog Scan therapy ドッグスキャンセラピー
Perro Bonito ペッロボニートです


前回のコラムに続いて

抜け毛の原因 その2です。



抜け毛の原因として、もう1つ考えられるのは

アレルギーやホルモンバランス。



遺伝的な病気や、今の医学では原因不明と言われているもの以外で

気をつけてあげられる可能性があるもの。



アレルギーが原因の場合。

ドッグスキャンセラピーでは、周波数の検知から

愛犬の身体に負担が掛かっているものを調べることが出来ます。


口から入る食べ物以外、

金属やお洋服の素材、電磁波など、飼い主さんが気が付いていなくて

知らない間に負担が掛かってしまっているものを周波数での滞りから教えてくれます。


アレルギーは、人間でも原因が分からなくてツライ症状が続く場合があります。


もし、原因が分れば、気をつけて上げることが出来ます。



うちの愛犬の場合は

「ポリエステル」
「コーヒーの匂い」
「カドミウム」

この3つが出てきました。


この中で抜け毛の原因になりやすいものだったのは

冬の時期のお洋服に、温かい素材をと思って起毛素材やフリース素材のものを着せていたのですが

アレルギーと出てから気をつけてみると、

お散歩から帰ってきて、お洋服を脱ぐと、いつも身体をガシガシ掻いていたんですよね。



それから、ウール素材や綿素材のお洋服に変えてあげると

身体を痒がったり、掻く回数が驚く程少なくなりました。



ワンちゃんは、お話が出来ないので、態度でしか表現出来ません。


その小さな行動がどんなことを教えてくれるのか?

気を付けていても、見落としてしまっていることもあるんですよね。



ドッグスキャンセラピーは、飼い主さんの愛犬とのコミュニケーションを計ること。

そして、新しい気付きになると、ご感想を頂くことが多いのです。



あと、もう1つの原因のホルモンバランスに関しては

避妊や虚勢の時期を間違えると

ホルモンバランスが崩れて、抜け毛の症状が出てしまうワンちゃんが多いそうです。


女の子の場合、個体差もありますが

ヒートの後は、偽妊娠が終わるまでは必ず待ってあげ他方が良いそうです。



避妊や虚勢の手術をする際には、掛かり付けの獣医さんにしっかり相談した方が良いと思います。



あなたの大事な愛犬の健康と幸せ、そして1日でも楽しく一緒にいられるように!



ドッグスキャンセラピー

ペッロボニートは応援しています♡





ドッグスキャン セラピーのご予約・お問い合わせを受け付けております。
ご質問などありましたら、お気軽にお問い合わせください。