Column:Dog Scan TherapyDog Scan Therapy 体験記愛犬ライフ | 2021.01.17

東京 渋谷 犬の健康「未病予防」ドッグスキャンセラピーサロン ペッロボニート アルカちゃん ミニチュアダックス 3歳の女の子

こんにちは



「未病予防」のためのドッグスキャンセラピーサロン



ペッロボニートです。




ドッグスキャンセラピーのお話です。





アルカちゃん ミニチュアダックス 3歳の女の子




アルカちゃんは、小さい頃から身体に色々と問題があるそうです。



関節が外れやすかったり


靭帯を損傷したり


皮膚に炎症が出たり


低体温だったり



パパさん、ママさんはアルカちゃんの健康にとっても気を付けていらっしゃいます。




ドッグスキャンセラピーは、お医者様もご存知だったようで


身体の調整には良いからとお勧めされてご来店。



定期的に通って頂いています。




今日はアルカちゃんの、今年初めてのドッグスキャンセラピーです。



色々調べていくと



今日気になったところは



肝臓

免疫力

血管系

血液系

喉、気管支系





こちらの部位に滞りが見られました。




滞りとは、エネルギーレベルが落ちていて身体の器官にストレスが掛かっていることを意味します。


この滞りを放っておくと、病気の原因になったりするんです。



こちらを重点的にセラピーして、滞りを流していきます。




健康状態は、こんな色分けでチェックできます。







アルカちゃんの今日の免疫力は

↓↓↓



セラピー前は、エネルギーレベルが、下向き三角の(やや低下)と茶色のひし形(低下傾向)と出ていました。



その後、セラピーで整えていきます。





セラピー後の免疫力は

↓↓↓

エネルギーレベルが、黄色の丸印(良い)と上向き三角(上昇傾向)に変化して整いました。




ドッグスキャンセラピーは、愛犬の身体の変化をしっかりチェック出来るんです。






免疫力以外も、ストレスがかかっているところは



しっかりセラピーを重ねて、調整しました😁







ドッグスキャンセラピーは、愛犬が身体から発する周波数で健康状態を読み取ったり、


周波数を整え健康な状態に戻すことのできる最先端の技術を使用したわんちゃん用の健康管理機器です。




人間用は、WHOも認化している波動療法を犬用に開発したものになります。










ドッグスキャンセラピーは、医療行為ではありません。





滞り部位もしっかりケアしてあげることで、「未病予防」病気になりにくい身体にすることが大事です。




「未病」とは、まだ病気ではないけれど、病気の一歩手前。

放っておくと病気になってしまうかもしれないこと。



病気になる前に、弱い所を知ってどんな事に気をつけてあげたら良いか?を知ることが出来ます。





ドッグスキャン セラピーは、セラピー後3日〜5日間は、周波数を整える波動が効いていて、


その間にわんちゃん自身が免疫力を高めて、身体を整えて行けるように働きかけていきます。






定期的にセラピーをすることで、少しずつ自然治癒力を高めて、




病気になりにくい身体、老化などのエイジングをゆっくりとさせて行けるようサポートするものです。








お話の出来ないワンちゃんだからこそ


身体に負担をかけないで、気軽に健康チェックをしてあげて



気持ちよく過ごすためにしてあげられることが分かれば、良いと思いませんか?








あなたの愛犬と1日でも長く健康で一緒に過ごしたい!



ペッロボニートは、そんな想いを応援します!!!




ドッグスキャンセラピーって、気にはなっているけれど


良く分からないからどうしようかな・・・




そう思っていらっしゃるあなたに




お得なキャンペーンをさせて頂きます!



この機会に是非1度体験してみませんか?





LINE@に登録して下さった方にだけの特別なキャンペーンです。



初めてドッグスキャンセラピーにご来店のお客様には


初回に限り「半額」でお受けいただけます




キャンペーンのお申し込みは、LINE@からしていただけます。



LINE@でメッセージを送って下さいね!









是非、この機会に友達登録をして、お得な情報をGetしてくださいね♡






























ドッグスキャン セラピーのご予約・お問い合わせを受け付けております。
ご質問などありましたら、お気軽にお問い合わせください。