Column:Dog Scan TherapyDog Scan Therapy 体験記 | 2021.09.03

東京 渋谷 犬の健康「未病予防」ドッグスキャンセラピーサロン ペッロボニート ワンコの病もメンタルが影響する?

こんにちは

 
🐶ドッグスキャンセラピー🐶

 
ペッロボニートです✨

 
 
今日は、ワンコも精神的なことが原因で具合が悪くなるというお話です。

 
 


 
 
「病は気から」と良く言いますが

 
ワンコにもとっても同じ

 
精神的なことから

 
お腹を壊したり

 
嘔吐したり

 
中には、てんかん発作を起こす子もいるんです💦

 
 
今日は、ママが大好きな甘えん坊の男の子

 
U 君の11歳というプードルのお話です。

 
 
数日前から吐き気が止まらない。

 
食欲はあるのだけど、食べると吐いてしまう。

 
 
そう心配されて、ドッグスキャンセラピーにいらっしゃいました。

 
 
実は、その前に病院に行こうとされていたのですが、

 
ママさんからお話を伺うと、メンタルに関係がありそうなので、ドッグスキャンセラピーに先に来ていただきました。

 
U君に最近起こった嘔吐の原因として考えられることとは、

 
独りだけでのお留守番😅💦

 
U君には、3歳年上のお兄ちゃんがいるのですが、

そのお兄ちゃんが靭帯損傷の大ケガをしたんです💦

 
ママさんは遠くの病院に行くため、

やむなくU君を独りでお留守番をさせることにしました。

 
(コロナになってから、お留守番の機会が減っている子は多いですよね。)

 
 
U君もお留守番をするのは1年ぶりくらいのとっても久しぶり。

 
まして独りでのお留守番なんて、とてもレアケース💦

 
 
お兄ちゃんの靭帯損傷で、ママさんは気が動転してるし

 
病院に連れて行くにも、なるべくカラダに負担を掛けずに連れて行きたい。

 
遠くの病院にU君を付き合わすのも可哀想。

 
その想いでU君はお留守番にしました。

 
 
ところがU君にとっては、

 
「なんで僕だけ置いてかれるの?どうして?」

 
そうショックを受けてしまった様です💦

 
 
病院から帰ってくると、床には嘔吐の痕跡が・・・

 
すぐに抱っこして、お話すると

 
U君は至って元気😊

 
とっても喜んで飛びついて来てくれました💖

 
でも、その夜からご飯を食べると吐いてしまう。

 
食欲はあるし、

 
嘔吐以外は、とっても元気。

 
 
でも、2日間ご飯を食べると吐いてしまう。

 
 
U君は腸に持病が あるので、ママさんはとっても心配。

 
 
ドッグスキャンセラピーでカラダのチェックをすると

 
 
 
U君の胃腸は、滞りも少なくて至って健康😄

 
 
ママさんは

「やっぱり精神的なものねー😅💦」とのこと。

 
 
U君の場合、お顔の表情もいじけてる感じ。。。

 
 
ママさんは、U君を抱きしめて

 
「U君頑張ったね。ありがとう」とお話ししながら

 
ドッグスキャンセラピーでたっぷりセラピーしました。

 
 
✨次の日の朝、ママさんからのご連絡✨

 
U君は昨日の夜から、ご飯を吐いていません。

 
食欲モリモリです💖

 
との嬉しいご報告😄

 
 
ワンコは、感情豊かな生き物です✨

 
 
だから精神的なダメージも受けやすいんです😅💦

 
 
精神的なダメージで体調を崩した時は、

 
 
なるべくならお薬を使わずに

 
ちゃんとお話ししたり

 
抱きしめてあげたり

 
してあげて欲しいです✨

 
 
それがワンコの一番望んでいることだから。

 
 
U君の場合は、ママの愛情とドッグスキャンセラピーのダブルですっかり元気になりました😄

 
 
ママにたくさん甘えてね💖U君✨

 
 
ドッグスキャンセラピーって、気にはなっているけれど

 
良く分からないからどうしようかな・・・

 
そう思っていらっしゃるあなたに

 
お得なキャンペーンをさせて頂きます!
 
この機会に是非1度体験してみませんか?
 
公式LINEアカウントに登録して下さった方にだけの特別なキャンペーンです。

 
 
初めてドッグスキャンセラピーにご来店のお客様には
 
初回に限り「半額」でお受けいただけます
 
キャンペーンのお申し込みは、公式LINEアカウントからしていただけます。

 
登録後にメッセージを送って下さいね!

 
是非、この機会に友達登録をして、お得な情報をGetしてくださいね♡
 


 
 
 
 
 
 
 
 


ドッグスキャン セラピーのご予約・お問い合わせを受け付けております。
ご質問などありましたら、お気軽にお問い合わせください。